トラックドライバーになるための免許

自動車運転免許はマスト

当たり前ですが、トラックドライバーになるには自動車運転免許が必要です。最も一般的な普通自動車免許て?は、車両総重量か?5t未満の車両を運転できます。2007年6月の道路交通法の一部が改正される前までに普通自動車免許を取得した人であれば、8t未満の車両を運転できますので、自分の免許の記載を確認してみてください。 大型自動車免許を取得すると車両総重量11t以上の車両を運転でき、普通~中型の車両も運転できます。普通自動車以上の免許取得後、3年で受験することが可能です。大型自動車免許を取得すると求人の幅が広がり、より良い給与や環境条件の仕事を選ぶことができるようになるため、運送業界で働く人にとって最上位の資格といえます。

けん引免許や大型特殊免許があると求人の幅が広がる

大型自動車免許を取得している人であれば、けん引免許があるとさらに求人の幅が広がります。けん引免許を取得すると、自走しない状態の車両総重量が750kgを超える車両をけん引して運転することができるため、トレーラーやタンクローリーを運転できるようになります。

また、大型特殊免許を取得すると工事用重機や農作業用大型トラクターを運転できるようになります。大型自動車免許に加えてけん引免許や大型特殊免許を合わせ持つ人は、運送業界以外でも大変重宝され、求人も絶えることはありません。キャリアアップやスキルアップのためにも、まずは今持っている免許のひとつ上位の免許取得を目指してみると、違う業界への転身も叶うかもしれません。

運転手の求人を探すときには、優良求人かどうかをよく見極める必要があります。求人先の運送会社が所持するトラックの安全装備の有無や車両整備が行き届いているかどうかにも着目することが重要です。

© Copyright Find Driver Job. All Rights Reserved.