トラックドライバーの魅力

運転が好きで一人でいることが平気な人にうってつけ

荷物の積み降ろしが終わり、目的地へ出発してしまえば車内にはあなただけ。基本的に目的地に指定の時間内につけば問題ないので運搬中はあなたの自由です!黙々とトラックを走らせるもよし、ラジオを聞いてもいいし、好きな音楽を聴きながらカラオケしてもいいのです。ここ数年、エコノミークラス症候群が問題視されるようになってからは、休憩や仮眠もしっかりとるように言われているので体も休めることができます。社内のデスクワークが多い会社員が経験する相性の悪い上司や、雰囲気の悪い社内でずっと作業をしなければならない状況とは無縁の環境でのびのび仕事ができます。特に長距離トラックであれば、1往復が長いのでこの自由な環境がずっと続きます。

続けるほど仕事は楽になっていく

ドライバーの仕事は続ければ続けるほど楽になっていきます。例外もありますが多くの配送会社は荷主が決まっているので運ぶものやルート、納期がいつも同じです。最初のうちは荷物に注意して運転しなければならないプレッシャーを感じると思いますし、知らない道で迷ったり(納品先が工場地帯だったりするとスマホやカーナビが正確に機能しない時があるので道路地図は持っていた方がいいです)、渋滞にはまったりすると思います。しかし、これらを先に経験しておけば道も覚えていくし、裏道も先輩ドライバーから教えてもらうなどして仕事がどんどん楽になっていきます。これは近距離~長距離までどのドライバーにも言えます。最近のトラックは車両位置を会社に把握されているのも多いのですが、目的地まで早くつけば休むこともできます。

最近よく見かけるドライバーの募集ですが、高額な給料設定がされているところが多いです。しかし、人を集めるために高い給料を載せて、実際に働いたら試用期間ありなど募集内容と違うこともあるので注意が必要です。

© Copyright Find Driver Job. All Rights Reserved.